感謝の気持ちを込めてお出ししたい「お祝いへのお礼状」について

Share on Facebook
Share on LinkedIn

● 感謝の気持ちを込めてお出ししたい「お祝いへのお礼状」について

 

 

「お祝い」をいただいたら、どんなものでも、嬉しくなりますよね。

その嬉しさを「お礼状」にしてお届けできたら、先方の方も嬉しくてたまらないと思います。

 

 

「お祝いへのお礼状」ポイントについてご紹介します。

 

 

・いただいたら、すぐにお出ししましょう。

 

先方の優しい心配りに感謝するという意味もありますし、先方の方に、届いたかどうか不安に思われないためにね。

 

・自分の言葉で感謝の気持ちを具体的に書きましょう。

 

 

・感謝の気持ちを述べながら、これからの抱負なり、決意なり、前向きに頑張る気持ちを述べましょう。

 

先方からの「頑張ってほしい。」という気持ちに応えるためにね。

 

 

・基本的に、電話でお礼をお伝えするのは控えましょう。

 

 

・お礼状は、手書きで書きましょう。

 

 

・目上の方への「お礼状」は、封書にしましょう。縦書きでね。

 

 

いかがでしょうか・・・

 

それから、「内祝い」をお贈りする場合には、

 

「お礼状」の文末に、「別便にて心ばかりの品を送らせていただきましたので、ご笑納下さいませ。」

などと、書き添えておきましょう。

 

 

優しく、さりげない文章が、女性性を高めますよ。

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 
▲pagetop