タイムリーにお出ししたい「贈り物へのお礼状」について

Share on Facebook
Share on LinkedIn

● タイムリーにお出ししたい「贈り物へのお礼状」について

 

 

幼いお子さんからご年配の方まで、「贈り物」をいただくのは本当に嬉しい物です。

 

 

「私のことを気にかけて下さったんだわ・・・」と、

贈って下さった品物に込めれた先方の方の想いをお察ししながら、いただいた嬉しさが伝わるような「お礼状」を書きたいですね。

 

 

「贈り物へのお礼状」ポイントについてご紹介します。

 

・品物が届いたらできるだけ早くお礼状をお出ししましょう。

 遅くても3~4日以内にね。

 

 

・形式的な言葉でなくて、いただいた品物への感想を具体的に書きましょう。

 いただいた喜びと感謝がお伝えできます。

 

 

・基本的に、電話でお礼をお伝えするのは好ましくありません。

 

 

・お中元やお歳暮はマンネリ化しやすいですが、きちんと、スピーディーにお礼状をお出ししましょう。ハガキでOKですよ。

 

 

・お礼状は、手書きで書きましょう。

 

 

いかがでしょうか・・・

 

 

 

「嬉しさ」を「お礼状」に込めて!

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 
▲pagetop