マインシュティールについて

Share on Facebook
Share on LinkedIn

● マインシュティールについて

 

 

 

クローブやシナモンなど、スパイスの木の実に、パールやゴールド・シルバーの輝きを加え、花とリボン、クリスタルなどをあしらって、美しい華やかな室内装飾(リースやオブジェ・ブーケ等)を創る伝統的アートのことです。

 

 

『マインシュティール』は、石井 万里子先生が、18世紀頃のオーストリア、ドイツ、イタリア発祥のスパイス飾りをもとに、フラワーアレンジとナチュラルカラーの要素を加えてマイスタイルにアレンジされて、マインシュティール(ドイツ語で私の様式の意)として確立されました。

 

 

18世紀頃のヨーロッパの伝統に触れ、ほのかに香るスパイスの香りに癒されながら高貴なひと時を過ごすことができます。

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 
▲pagetop