アーティフィシャルフラワーっていつから呼ばれているの?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

● アーティフィシャルフラワーっていつから呼ばれているの?

 

 

「アーティフィシャルフラワー」って、聞き慣れない言葉が世間で呼ばれるようになったのは、十数年前からでしょうか。

 

正確には、2002年に、この「アーティフィシャルフラワー」という名称が誕生しました。

 

皆さんは、「フェイク」とか「シルクフラワー」などの名前を耳にされたことがありますか?基本的には、商品としては、ほぼ同じなんです。

 

 

ちょこっと、この「アーティフィシャルフラワー」の歴史を振りかえってみましょう。

 

 

1948年に、飯田深雪さんが手作りの造花を「アートフラワー」と命名しました。

 

1962年に、中国、特に、香港から造花が輸入されるようになって、「香港フラワー」と呼ばれるようになりました。

 

1976年に、品質が改良された「マジックフラワー(シルクフラワー)」が輸入されるようになりました。

 

この「マジックフラワー」の意味は、化学繊維で作られているので、型崩れもしませんし、色落ちもしないことから、魔法のようなお花という意味の「マジックフラワー」となったのです。

 

 

近年は、さらに、「アーティフィシャルフラワー」の品質が向上しまして、生花が見間違えるほどです。

 

 

 

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 
▲pagetop