誰でもお手軽に作れるソフトワイヤーを使ったアレンジ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

● 誰でもお手軽に作れるソフトワイヤーを使ったアレンジ

 

 

お手軽に、「ソフトワイヤー」使って、お花を自由自在に楽しむ方法をご紹介します。

 

 

 

今日は、お花を習ったことがない方でもどなたでもお手軽にお花を花瓶に自由自在に生ける方法ををお伝えします。

 

もちろん、無造作に花瓶にお花を挿す方法もありますけれど。

 

1)準備するもの
   

・生花またはアーテフィシャルフラワー
・花瓶(形状は選びませんので、お花と合わせてお好みのもの)
・ソフトワイヤー(やや太めのもの・茎と似た色のもの)

 

 

今回ご紹介する方法は、生花用・アーティフィシャルフラワー用のフォーム(ベース)を使用しないのが一番の特徴なんです。

 

だから、簡単・らくちんなんですね。

 

おまけに、何回も使えるので経済的・・・嬉しいことことばかりですね。

 

では、ベースに使用するのは、「ソフトワイヤー」のみ。つまり、お手頃ですね。

 

私は、「自由自在」のソフトワイヤーのものをおススメします。

 

2)この「自由自在」のソフトワイヤーを花瓶の大きさ・形状などに合わせて、適当に曲げて曲げて・・・花瓶の中に入る大きさまでして下さい。

 

注意事項としては、花瓶の深さにも、挿すお花の茎の長さなどにもよりますが、最低花瓶の底から7~9㎝位はほしいです。

そして、茎の安定感も欲しいので、ちょっと密に曲げて下さい。

 

 

3)花瓶の中に、曲げたソフトワイヤーを入れます。

 

 

4)準備したお花(生花またはアーティフィシャルフラワー)をお好みのデザインで挿して下さい。

挿すポイントは、密になっているワイヤーに絡ませるように茎を挿して倒れない(崩れない)ようにすることです。

 

私は、この方法でアーティフィシャルフラワーを楽しんでから違うアレンジを楽しんでいます。

生花の場合には、花瓶に水を入れて下さいね。

 

時間のない時やアレンジがイメージできていない時などに是非、ソフトワイヤーを使用してみて下さいね。

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 
▲pagetop