ISD個性心理学とは何だろう?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

ISD個性心理学とは何だろう?

 

ISD個性心理学とは、人の個性を研究してきた統計学であり、分類学なのです。

 

 

 

 生年月日を定義(アルゴリズム)で分類することで、それぞれの個性を把握することができます。

 

大きくわけてまず3分類(太陽・地球・月)

 

さらに12分類(動物)

 

さらに60分類(特徴●●な+動物)

 

 

 

さらに、レール、能力など細分化し最終的には100万通り以上の分類に!

 

 

この統計と分類によるでデータを、どなたでもすぐに活用できるように体系化したのが「ISD個性心理学」なのです。

 

つまり、当たる当たらないということではなくて、

 

 

〇年〇月〇日生まれの人は、

 

統計的に〇〇のような個性をもつ人が多い傾向がある

 

分類的に〇〇のような考え方や行動をする人が多い傾向がある

 

 

ということなのです。

 

 

この統計的なデータを基にして、周りの人の個性がわかることで、状況に応じた関わり方ができて、とっても楽になります。

 

そして、自分の個性とリズムを知って、自分らしい人生を作っていくことができるのです。

 

 

人間の性格メカニズムについて

 

人間の性格メカニズムは、

 

気質   (生まれた時点で備わっている性格)

   

 

習慣的性格(後天的に習慣で形成される性格)

 

 

リズム  (周期のこと)

 

の3つの定義から成り立っています。

 

 

「ISD個性心理学」が示す「個性」というのは、

 

後天的な習慣的性格や環境によって形成される性格ではなく、その人の一生変わらない個性のこと

 

特徴としては、個性にキャラクターを位置づけして、理解しやすいように、イメージ化している点です。

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 
▲pagetop