どうして、自分が疲れていると、「おもてなしの心」は生まれないの?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

疲れている自分を思い出してみよう。

 

 

朝から仕事ばかりで、ブレイクタイムもとれない自分

 

 

育児におわれている自分

 

 

終日家事ばかりしている自分

 

 

肉体的な疲れは、休息や睡眠で解消されるかもしれませんが、精神的な疲れはそうはいきませんね。

 

 

 

 

どんなことをしたら、心の疲れが癒されるでしょう

 

 

「ちょっと疲れているかもしれない・・・」と、感じたら、是非、自分自身と向き合ってみて下さい。

 

自然まかせではなくて、積極的に自分自身を癒してみてはいかがでしょうか。

 

 

趣味や環境などで、癒され方が違うかもしれませんね。

 

 

例えば、

 

静かに読書する。

 

スポーツクラブで身体を動かしてみる。

 

温泉旅行をして日頃の疲れを癒してみる。

 

仲のよい友人と楽しい会話をしながら食事する。

 

自分へのご褒美として、欲しかったものを買ったり、食べたかったものを食べたりする。

 

何にもしない日をつくって、気持ちをリセットしてみる。

 

好きな音楽を聴いたり、好きなアロマを焚いたり、好きな花を愛でたりしてリラックスしてみる。

 

趣味などを見つけて、楽しんでみる・・・

 

 

いくつも上がってきそうですね。

 

 

是非、ご自分の一番良い方法で癒してあげましょう。

 

 

癒されたら、きっと、素敵な「笑顔」になっている自分に会えるでしょうね。

 

自分の心に余裕が生まれると、周りの方々に優しくなれます。だから、「自分を癒すことは、他人を癒すことにつながっているのです。」

 

 

 

 「優しさ」や「おもてなし」の心を お花やハンドメイドで形にして、日本中に、世界中に おもてなしの「感動」を伝えたい!と、思っています。

 

 

 

 

 
▲pagetop