どんなタイミングに手土産をお渡ししたらいいの?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

どんなタイミングに手土産をお渡ししたらいいの?

 

 

なんとなく、その時の雰囲気でお渡ししたり、

相手の方のお顔を見たらお渡ししたり、

 

知っているようで知らない方も多いかもしれませんね。

 

 

手土産などをお渡しするタイミングは、

 

会社へ伺う時でも

ご自宅へ伺う時でも

 

1)通されたお部屋(応接室)で、お席に誘導される前に、相手の方としっかりと対面します。

 

2)紙袋や風呂敷から品物を出します。(この時、紙袋や風呂敷は畳んで、傍に置いておく)

 

3)品物の正面をお渡しする方へ向ける。

 

4)両手で、頭を下げながらお渡しする。

 

 

 

お渡しする時、どのようにお話したらいいの?

 

 

日本人は、とかく、へりくだる言い方をする傾向にありましたが、

 

しっかりと、

 

ご自身の気持ちをお伝えされた方が、相手の方もお喜びになります。

 

 

「つまらないものですが・・・」

 

と、お話するよりも

 

 

「心ばかりのものですが・・・」

 

「ほんの気持ちですが・・・」

 

と、お話された方がずっと好印象になるでしょう。

 

 

迷われたら、「もし、私だったらどうかなぁ?」と、考えるとベストな言葉が出てくると思います。

 

 

 

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中に「幸せの連鎖」を起こしたい!

 

 

 

 
▲pagetop