お中元・お歳暮はどんな人に、どのくらいのものをお贈りしたらいいの?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

お中元・お歳暮はどんな人に、どのくらいのものをお贈りしたらいいの?

 

 

お中元やお歳暮をお贈りする方の基本は、お世話になった方々やこれからもずっとお付き合いさせていただきたいと思う方々です。

 

 

例えば、

 

両親

 

親戚

 

お仲人

 

恩師

 

仕事の取引先

 

上司

 

お稽古事の先生など

 

注意したいのは、学校の先生や病院の先生,公務員の方々は受け取りを拒否される場合がありますので、覚えておきましょう。

 

私も、以前お世話になった病院に、「皆さんでお召し上がり下さい…』などと言って、お菓子を差し上げようとしましたが、拒否された経験がありました。

 

気を付けたいですね。

 

それから、どのくらいのものをお贈りしたらいいのでしょう。

 

 

 

・お仲人や大変お世話になった方へは、5千円~1万円位のもの。

 

・上司や取引先などの方へは、5千円位。

 

・お稽古事の先生へは、3千円前後位。(お月謝の半額から同額位と言われているようです。)

 

・両親・親戚などへは、3千円前後位。

 

 

先方の方を考えながら品物を選びましょう。

 

毎年同じものをお贈りするのでも良いでしょう。

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 
▲pagetop