相手が喪中の時は、お中元とかお歳暮はどうしたらいいの?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

相手が喪中の時は、お中元とかお歳暮はどうしたらいいの?

 

 

昨日から12月、師走になりましたね。

 

日頃からお世話になっている方々へ感謝の気持ちを込めて、「お中元」や「お歳暮」をお贈りします。

 

12月初旬から20日くらいにお贈りする時期と言われている「お歳暮」。正に、「今」ですね。忙しくてうっかりしていた方は、そろそろ品物を何にしようか、考えるといいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

さて、

 

お贈りしたい、相手の方が、「喪中」の時は、どうするといいと思いますか?

 

「お中元」や「お歳暮」は、喪中であっても関係ないと言われています。

 

つまり、お贈りしても、受け取っても大丈夫なんです。

 

ちょっと気にされる場合などは、下記のようにされるといいでしょう。

 

 

「お中元」→「書中御見舞」

 

「お歳暮」→「寒中御見舞」

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 
▲pagetop