花の色合わせって大事なんでしょうか?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 花の色合わせって大事なんでしょうか?

 

 

花の色合わせは、花本来がもっている色合いをバランスよく配色していくことが大変重要になります。

 

特に、覚えておきたいのが、「色の三属性」です。

 

「色の三属性」は、色相・明度・彩度のことを言います。

 

 

色相とは、赤・橙・器・青・緑・紫の6色を基本色とした色の相環のこと。

 

 

明度とは、最も明るい色(白)と最も暗い色(黒)を基準にした明るさの度合いのこと。

 

 

彩度とは、色の鮮やかさの度合いのこと。

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 

 
▲pagetop