フラワーアレンジのフォームがどうしていろいろあるの?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 フラワーアレンジのフォームがどうしていろいろあるの?

 

 

先ず、フォームを使用する一般的なお花には、次のものがあります。

 

・フレッシュフラワー(生花)

 

・アーティフィシャルフアラワー(造花)

 

・ドライフラワー

 プリザーブドフラワー

 

 

今まで、フラワーアレンジメントを習ったことのある方にとっては、「そうなのよね。」とおっしゃるかと思いますがもう一度確認なさってみて下さいね。

 

それでは、それぞれのフォームについてご紹介します。

 

【フレッシュフラワー(生花)】

 

アクアフォーム

 

オアシスフローラルフォーム

 

 

【アーティフィシャルフラワー(造花)】

 

アーティフィシャルフラワーフォーム

 

サハラⅡ

 

スタイロフォーム

 

アレンジフォーム

 

 

【ドライフラワー・プリザーブドフラワー】

 

アクアドライ

 

セックブリック

 

 

このように、アレンジするお花によって、「フォーム」が違います。つまり、様々なニーズやお花によって「フォーム」を使い分けなければならないということ。

 

そうすることによって、より素敵なアレンジができます。

 

 

 

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 
▲pagetop