そもそも「アーティフィシャルフラワー」って、いつから呼ばれているの?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

● そもそも「アーティフィシャルフラワー」って、いつから呼ばれているの?

 

 

 

ご覧いただいていてる皆さんの中で、「アーティフィシャルフラワー」という名称を初めての方もいらっしゃりかもしれません。

 

または、名前は聞いたことあるけれど、「何?」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

「アーティフィシャルフラワー」を一言でいうと、「造花」のことです。

 

単なる造花ではなくて、生花にない質感や色彩を持ち、生花のようなリアルさを表現できる造花のことです。つまり、「生花以上の美しさを表現できるお花」と、近年、言われるようになりました。

 

そこで、本題ですね。

 

この「アーティフィシャルフラワー」はいつから呼ばれているのか?

 

ズバリ、2002年ころから、この「アーティフィシャルフラワー」という名称が生まれました。

 

その頃から中国で製造されたものが販売されるようになり、バイヤーが買い付けていました。

 

 

そもそも、1948年頃、飯田深雪氏が手作りされた造花を「アートフラワー」と命名したことが、始まりと言われているようです。

 

 

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中に「幸せの連鎖」を起こしたい!

 

 

 

 
▲pagetop