常識として知っておきたい「お礼文」について

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 常識として知っておきたい「お礼文」について

 

 

皆さんは、

 

どんな時に「カード・便箋セット」利用されますか?

 

どんな「文」を添えますか?

 

どのくらいの「カード・便箋セット」のストックをお持ちでいらっしゃいますか?

 

やはり、

 

気持ちをお伝えしたいと思う時が突然発生するかもしれませんので、

日頃からいくつかの「カード・便箋セット」をストックされることをおススメ致します。

 

 

その際には、
差し上げる方の年齢・性別・環境など、

 

そして、何よりも「目的」に合わせたものを考えてお買い求めされるといいですね。

 

 

間違えると、手にされた方が不愉快に感じることもありますよ。

 

注意しましょうね。

 

こちらの優しい想いをお届けするはずが、真逆になってしまったら悲しいですものね。

 

さて、

 

私は、その文の「目的」は、大別すると、3つだと思っています。

 

1、近況などのご機嫌伺いの「文」

 

2、こちらから、お贈りする時のお祝いの「文」

 

3、いただいたもの、
  していただいたものへのお礼の「文」

 

 

更に、それぞれの中には、いろいろなカテゴリーに分けられます。

 

今回は、突然、発生しやすい「お礼文」にスポットをあてて、ご紹介したいと思います。

 

「お礼文」には大きく分けて、6つに分けられると考えています。

 

その内訳は、

 

1、贈り物へのお礼文

 

2、お祝いへのお礼文

 

3、お世話になった方のお礼文

 

4、ご招待へのお礼文

 

5、お見舞いへのお礼文

 

6、ご厚志(弔慰)へのお礼文

 

 

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 
▲pagetop