娘からの気持ちのこもった小さな贈り物

Share on Facebook
Share on LinkedIn

● 娘からの気持ちのこもった小さな贈り物

 

 

先日、娘から「お母さんにプレゼントね!」と、嬉しそうに、元気いっぱいに、誇らしげに、堂々と、私にプレゼントしてくれたものがありました。

 

何かというと・・・

 

10色はあるでしょうか、
カラフルなアクアビーズで作った私の名前の文字でした。

 

最近、このアクアビーズというのは、小学生位のお嬢さんに流行っているようで、好きな形を作って楽しむものなんですね。

 

今回の文字だったり、動物の形だったり、幾何学模様だったり、アイデア次第でどんなものでも形にできるんです。そこが「とっても楽しい」醍醐味なんだと思っています。

 

それでね、

 

以前から、娘が、自分の部屋のドア(廊下側)に、顔写真と一緒に、アクアビーズで作った自分の名前を貼り付けているんです。正に、『ここは、私の部屋よ!』と、主張しているわけですが、とても可愛い、さすがと感じてしまったわけです。

 

少々親バカですが・・・

 

それを見て、「お母さんもほしいなぁ~」と口にしたことを覚えていてくれて、今回黙って、私に分からないように、私の名前の文字を作ってくれたわけです。

 

何をお伝えしたいかいうと、

 

まだ、小学生の娘でさえ、相手が喜ぶであろうことを、気付かれないように、ワクワクしながら、楽しく、想いを込めて作ってくれたんですね。

 

「相手を想う気持ち」つまり、「おもてなしの心」というのは、年齢は関係ないんです。

 

母親として、とっても嬉しいのです。

娘が、私が推奨している相手を想う「おもてなしの心」をハンドメイドで形として表現していくれているから。

 

今回も、また一つ宝物が増えました・・・

 

日々の単調な生活の中で、沢山の感動だったり、喜びだったり、驚きだったり、悲しみだったり、いろいろな事を学ぶことができますね。

 

日々の単調な生活を大切にしたいと思っています。

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 

 

 
▲pagetop