挿しこみスタイル・・・マインシュティールについて

Share on Facebook
Share on LinkedIn

● 挿しこみスタイル・・・マインシュティールについて

 

 

この挿しこみスタイルとは、箱や籠、リースなどのベースとなるものに、スタイロや発泡スチロールを貼り付けて、そこにワイヤリングした一つひとつのパーツを挿していく方法です。

 

挿しこむ方法ですので、初心者向きですね。

 

 

挿していくパーツが多ければ多いほど、ボリュームも大きくなっていきますので、アイデア次第ではとっても大きな作品も作ることが出来ます。

 

 

また、挿しこむベースによっては、いろいろな雰囲気の作品を作ることができますので、楽しさも倍増します。

 

 

こちらの写真は、宝石箱の上部にスタイロを貼り付けてから、一つひとつパーツを挿して作った作品です。

 

 

 

 

 

 

 

「おもてなしハンドメイド」を通して

 

日本中に、世界中におもてなしの「感動」を伝えていきたい!

 

 

 

 
▲pagetop